2010年9月19日 (日)

ブログ移転のお知らせ

これまでココログでつづってきました「平安調美人のCSI:視聴日記」は、10月から...

» 続きを読む

|

2010年5月19日 (水)

6月に挙式予定のエヴァ・ラ・ルーのドレス選び

ナタリア役のエヴァ・ラ・ルーがマイアミの撮影終了後の休暇にあたる6月に挙式をすることが明らかに。

そのドレス選びインタビューがこちら

カリブ海のどこかの島で挙げるそうなんですが、式にはウルフ役のジョナサン・トーゴが執り行う予定なんだとか。

話は変わって、現在入ってきたアメリカ本国でのCSIシリーズ来シーズン情報なんですが、正式発表は現地時間にして5月19日の予定。ここから先はネタバレ情報が含まれますので、大丈夫な方は続きをクリック。


» 続きを読む

| | トラックバック (0)

2010年5月17日 (月)

CSI:NYシーズン5第17話「断絶」

あらすじ

あらゆる人種が乗り込む地下鉄の車両内で銃撃事件が発生し、ネイティブ・アメリカンの族長が死亡する。弾は社外から飛んできたことから、発射された時刻などを割り出して、該当場所を特定する。そこは韓国人家族が住んでいるアパートで、娘が黒人のボーフレンドを呼び出していたことに腹が立った父親が発射したことで、事件は解決したかに見えた。

しかし、族長の死因は敗血症であることがわかり、撃たれていた時には既に死亡していたことから事態が一変する。
大たい骨の打撲傷からは小さな木片、肺には色とりどりの微粒子、腸にはいくつかの穴が開いていたことから、シドとホークスが3次元X線CT装置で調べてみたところ、黒くて細長いものを発見する。凶器となった黒くて細長いものの正体は、鯨の髭。鯨の髭を扱っている店はほんのわずか。

生前に土地の権利を巡ってのトラブルがあったために、フラックとジェシカは市内で鯨の髭を扱っている唯一の店を訪ねる。

その一方で、ダニーは生まれてくるリンジーとの子供の名前のことで頭がいっぱいだった。男の子を想定して考えていたが、その子供の性別は…?

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月16日 (日)

CSI:科学捜査班シーズン9第6話「K・ドラゴンの息子」

あらすじ

コリアタウンで銃撃事件が発生し、2人の男女が死亡する。目撃者が多くいるにも関わらず、言葉の壁がある上に、同胞を守ろうとする意識を持っているために、警察の捜査は難航する。
男の身元は飲酒運転で6ヶ月の服役を終えて出所したばかりの韓国人とわかるが、女性の身元はわからずじまい。現場に落ちていた血飛沫の子供用サングラスだけが唯一の鍵だった…。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月12日 (水)

CSI:NYシーズン5第18話 「その先は闇」

あらすじ

モーテルで女性の死体を発見した清掃員が失踪する事態が起きた。被害者はかつてギャンブルに溺れてしまったために検死局をやめさせられたマーティ・ピノ(シーズン2第11話「悲しき罠」に登場)の妻、アナベルと判明される。シャツに付着していた白い粉はヘロイン、成分を詳しく調べると、人間の臓器から抽出されたものとわかる。

一方、ステラはマックに内密で、フィリッポス2世の時代のギリシャ硬貨絡みで2件の殺人を犯したと思われるセバスチャン・ディアコスの行方を追っていた。ディアコスはジョージ・コロヴォスと共に外見特権でアメリカでは捕らえられないため、ステラはかつての恩師でギリシアの古美術に詳しいパパコタ教授に会い、コロヴォスとディアコスのことを訊く。それによると、フィリッポス2世の副葬品を窃盗した嫌疑で2人はキプロス当局から追われているのと、パートナーに裏切られて手ぶらで国を出たと聞かされる…。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月11日 (火)

CSI:科学捜査班シーズン9第5話「そばにいてほしい」

あらすじ

雨の降る夜。街外れのガソリンスタンド跡で、男性の惨殺体が見つかる。グリッソムが現場に到着すると、キャサリンはタイヤ痕の保存に奔走していた。遺体の手には指がなく、両手首の外側には索痕あった。デヴィッドの所見では死後2~4時間。グリッソムは、犯人は遺体を車に括りつけて車を走らせ、途中で落下してしまったために、引きずって遺棄したと推測。
その後の検死で、胴体の9カ所に及ぶ刺し傷が発見するが、それは死後にできたもの。乳輪周囲には穿刺創、乳首に腫れがあったことも確認された。

やがて検死結果で被害者がSM愛好者であったことから、グリッソムはレディ・ヘザーに助言を求める…。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 3日 (月)

CSI:NYシーズン5第17話「正義のかけら」

あらすじ

住宅街の路上で仲間とホッケーを楽しんでいたアダムの目の前で、バンが突然爆発した。爆風で住宅が吹き飛ばされ、中にいた住人が奇跡的に助かった。
アダムも額に傷を負っていたが、命に別状はなく、マックたちCSIが捜査を始める。

爆弾の破片を採取している最中に、ダニーが瓦礫の下敷きになって死んでいる女性を発見。被害者は住人の娘だった。州北部の学校にいるはずの娘が何故帰ってきたのか?

そんななか、リンジーが出産を間近に控え、翌日にモンタナの実家へ帰ろうとしていた。ダニーは一度断られたプロポーズをすべきかどうかでマックに相談する。マックは子供を作るべきかどうかで悩んでいくうちに、クレアが亡くなったと打ち明けた上で、自分の可能性を賭けてみるという選択もあるとアドバイスをする…。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 2日 (日)

月刊ザハイビジョン6月号「海ドラ1000人アンケート」から





雑誌 / 月刊ザハイビジョン 2010年6月号  〔Book〕 雑誌 / 月刊ザハイビジョン 2010年6月号 〔Book〕
販売元:HMV Yahoo!店
HMV Yahoo!店で詳細を確認する

只今発売中の「月刊ザハイビジョン」6月号の特集、「この海外ドラマがスゴい2010」から、ある条件を満たした海外ドラマファン1000人が、今まで見たドラマで最も泣けた作品など、11のテーマの質問に回答した内容からピックアップ。

気になるあの人は何位にランクインされているか?
それでは続きをクリック。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CSI:科学捜査班シーズン9第4話「死神」

あらすじ

ハロウィン前夜のベガス。ニックとライリーが警官の制服を身に着けた強盗に遭遇する。ニックはライリーに応援を呼ぶように指示をし、強盗を追いかける。必死の追跡で強盗を追い詰めたが、強盗は建物の2階の窓を突き破ってゴミ箱へ転落し、命を落とす。ライリーが強盗の死亡を確認したゴミ箱から、若い女性の死体を発見する。

強盗が身に着けた制服は本物で、記章からリノ市警に問い合わせてみたところ、出張でベガスに来ていた巡査の存在が。巡査はカジノで声をかけてきた娼婦と知り合い、制服プレイをしていたと白状する。制服はホテルのクリーニングに出したきり、戻ってこないと主張。

一方、ゴミ箱から引き上げられた若い女性の太ももに魚のタトゥースタンプがあったことから、金魚の水槽をあしらった内装をしたクラブのスタンプと判明。ライリーと共にクラブを訪ねたキャサリンは、天使の扮装をした娘のリンゼイがフロアで踊っているのを見て驚く。同伴の警官にリンゼイを自宅まで送るように依頼すると、キャサリンはクラブのオーナーから女性のことを訊くが、オーナーは知らないと主張。監視カメラから女性はVIP客として店の裏口から入っていたことと、最終的に表の入り口からつまみ出される際に、オーナーから何か耳打ちしていたことが判明する…。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 1日 (土)

CSI:マイアミシーズン7での活躍が期待しているキャラは?

(注意) 投票のレンタル元のサーバー障害が頻発しているため、別のものを使わせてい...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ハマーの馬車