« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月30日 (火)

やっぱり犬にびびっていた

マイアミ編シーズン5第4話「美しい男たち」の感想

今回はホレイショの出番なし{%naku_a%}
その代わりナタリアの元夫登場{%komaru%}
それでもって、ナタリアに嫌がらせ{%gakkari%}
デルコからの報告を受けて、ナタリアを心配するホレイショ{%tohoho_a%}

肝心の事件はと言うと、モデルの世界ってこんなものかいなと思った{%gessori_a%}
男性モデルも生き残るためならどんな手段でも辞さないんだね。

でも、どんなモデルよりホレイショのほうが美しいと思った私は、変態です(うそ)

捜査中に、ホレイショが犬に吼えられたけど、やっぱり犬がダメなのかな?
演じているカルーソも犬が嫌いだったりして?

そういえば、過去の出演作の「死の接吻(1995年度作品)」や「ザ・ネゴシエーター-交渉人-」で、犬にびびったシーンがありましたが、やっぱりホレイショも犬が嫌いだったりして?

シーズン1第1話でコーヒー(?)を飲んでいるシーンを除いては、人間臭さが出ていないホレイショなんですが、この話で人間臭さが出ていてよかったです。

| | コメント (0)

2007年10月25日 (木)

22000hitリクエストを受付中

おかげさまで「恋愛ろまねすく」が22000hitを達成しました。
これも私のつたない世界に応援してくださった皆さんのおかげです。

22000hitを獲得された方がいらっしゃらないので、特別にリクエストフォームを設置しています。
10月31日まで実施していますので、たくさんのリクエストをお待ちしております。

http://my.formman.com/form/pc/wEHmroS1Ndit1SSm/

22222hit獲得者にもリクエスト権を差し上げますので、獲得された方はメールフォーム、掲示板、またはweb拍手にてお願いします。

| | コメント (0)

2007年10月23日 (火)

やっとマイアミ編通算100話目が見れちゃった(^^)

マイアミ編シーズン5第3話「デスプール100」で、通算100話目を迎えました。
とは言っていても、時間枠延長もなければ、銃撃戦や爆破シーンもなし。

100話だからといって、特別なものではないし、(ベガス編シーズン5第8話「第三の性」でも、イベント的なエピソードがなかったけど、話がややこしかったのを覚えたな)逆に「100話だから何なのよ?!」という脚本の本音が聞こえてきそうな気がする。

サブタイトルの「デスプール」と言うのは、「死の賭け」と言う意味だそうだ。
人の死を賭けの対象にするとはね…{%naku_a%}

半年以内に各界のセレブがいつ死ぬのかを賭けてはお金を獲得するという感覚が理解不能{%shiranai%}

冒頭の強盗殺人とは別件なんだけど、そのデスプールを行っている船は、沖合いから3マイル以上なので合法で、しかもマイアミ・デイド署では管轄外。

偽札製造の証拠を見つけたホレイショは、FBIのコール捜査官に連絡。
FBIも予てからあの船をマークしたけど、なかなか逮捕できない。

そのきっかけを作ったのが、ギャンブルにハマった母親を心配していた少年、タイラー。

その母親が借金の担保として息子を売ったとは、さすがのホレイショも「それでも母親か?!(原語では"You make me SICK !"に相当するんでしょうか?)」と怒ったのも言うまでもないんですが、「何か困ったことがあったら、この番号に電話するんだ」とホレイショに言われた通りに、タイラーが電話をかけたとは、さすがいい子{%ureshii%}

タイラーを演じた子役、どこかで見たなと思ったら、NY編シーズン2第17話「屍の虫」に登場したサムという少年の役だったんですね。

それで予てから話題になっていた眞鍋かをりは、その母親の声でした。
眞鍋かをりは名前しか知りませんので、上手下手は何とも言えませんが{%shiranai%}

トリップ刑事、奥さんと離婚していたんですね。シーズン2第9話「破滅への誘い」でギクシャクして、別居生活しながら離婚裁判をしていたんですね、この話で触れるまでは。

シーズン5第1話で現場捜査官として汚名挽回を目指すナタリアにいちいちケチつけるウルフ、感じ悪(日本ではそんな感じかもしれないけど、アメリカでは自己主張は当たり前だけど)
そのウルフが「デスプール」をやっていたことにカリーもカンカン{%ikari%}

ラストでナタリアとトリップ刑事を除くメンバーたちが夕日のビーチをバックに、新たな決意を固めるシーン、シーズン2第24話「CSIの汚名」のラストシーンのようにビシッと決めてくれました。

「100話というのは大きな説目であるが、まだ始まりという気がする。もうすぐ終わりだという感じじゃない。200話、もしくはそれ以降への第一歩。我々はこれからだ」

アメリカ本国で行った100話目突破パーティの時のデヴィッド・カルーソのインタビューより引用

アメリカ本国では視聴率が徐々に下がりつつあるけど、トップ10内をキープし続けるマイアミ編を、これからも応援を続けます!

| | コメント (0)

2007年10月18日 (木)

なんでやね~ん!

毎週木曜日の午後9時からテレビ和歌山でベガスシーズン2をやっていますが、今日(18日)が最終回{%naku_a%}

先週は「ベガス―マイアミ合同捜査」をやっていて、ベガスシーズン2が終わったら、次回からマイアミシーズン1かと思いましたが、某テレビガイド誌でチェックしていたら、ベガスシーズン3が11月1日から始まるとは{%saiaku%}

なんでやね~ん!

せめて曜日が変わってもいいから、和歌山でもマイアミを放送してほしいっす{%naku_a%}

| | コメント (0)

2007年10月16日 (火)

コスプレ(または着ぐるみ)が似合いそうなCSIキャラは?

これもハロウィン企画。

ハロウィンに限らないけど、コスプレ(または着ぐるみ)が似合いそうなCSIキャラ投票です。

1 グリッソム
http://personal-dictionary.com/enq/in.asp?ans=321643598

2 グレッグ
http://personal-dictionary.com/enq/in.asp?ans=321643599

3 アーチー
http://personal-dictionary.com/enq/in.asp?ans=321643600

4 ホレイショ
http://personal-dictionary.com/enq/in.asp?ans=321643601

5 カリー
http://personal-dictionary.com/enq/in.asp?ans=321643602

6 アレックス
http://personal-dictionary.com/enq/in.asp?ans=321643603

7 マック
http://personal-dictionary.com/enq/in.asp?ans=321643604

8 エイデン
http://personal-dictionary.com/enq/in.asp?ans=321643605

9 リンジー
http://personal-dictionary.com/enq/in.asp?ans=321643606


結果だけをみる
http://personal-dictionary.com/enq/view/enq.asp?EID=54194


私はホレイショに1票を入れました。『ハドソン・ホーク』でカルーソが演じたキットカット役が印象に残っていたけど、やはりコスプレするなら、ドラキュラ姿で生き血を吸いに来て{%heart3_a%}


前回の投票結果「Trick or treat!からかってみたいCSIキャラといえば?」

第1位 ホレイショ、フラック(同率)
第3位 グリッソム、グレッグ(同率)
第5位 ダニー
第6位 ホッジス
第7位 デルコ、ウルフ、ホークス(同率)

ホレイショはともかくとして、本編で素顔をあまり見せてくれないフラックをからかってみたい人がいっぱいいるとは…。(イケメンなのに、もったいない)

| | コメント (0)

2007年10月14日 (日)

やっぱりカリーって、かっこいいね!

祖父の法事から戻って、予約録画しておいたマイアミシーズン5第2話『抹殺された男』を見ました。

カリーが運転していたハマーが激突され、川へ投げ出されたけど、自力で脱出した時の濡れ髪が最高{%exmark2%}

暴走族の1人を捻じ曲げたり、トリップ刑事と協力して現場検証したりと大活躍しましたね。

一番びっくりしたのは、その暴走族の1人ジェイクが潜入捜査官で、カリーの元彼だったとは{%gessori_a%}

でも、ヘイゲンといい、エリオットといい、そのジェイクといい、カリーって男運が悪そう{%komaru%}

美人だからといって、いい男が恵まれるとは限らないけどね{%naku_a%}

今後、ジェイクはカリーとどう影響を与えるでしょうかね?

カリーの感想はこれで終わりとして、次に驚いたのは、ホレイショをチクチク苛めるいや~な奴、リック・ステトラー。

今回の事件は武器の不正輸出に絡んだ事件なんだけど、どうやら逮捕した相手がその武器不正輸出の大物だったことから、リックに協力を求めることになるんですが、事件解決後でリックに対価を支払うことになるんでしょうか、ホレイショ(腐女子的妄想)

| | コメント (0)

2007年10月 8日 (月)

マイアミは勢いが命!

6日からWOWOWでマイアミ編シーズン5が始まりました。

第1話でいきなりブラジル!(何度言ったらわかるんや…{%tohoho_a%})

オープニングでシーズン4からのフラッシュバックから始まって、そしてコルコバードの丘でのホレイショが絵になっています{%heart1_a%}

つっこみどころはいっぱいあるけど、マイアミは勢いがなければ…。

ところで、ヘラルドの公式サイトの掲示板で批判スレがありますが、私はあえてカキコしません。

確かにマイアミに対する思い入れはすごくわかりますが、スレを立てた以上は最後まで責任を取らなきゃ{%komaru%}

これ以上は何とも言えませんが{%gomenne%}

| | コメント (0)

2007年10月 5日 (金)

いよいよ明日からマイアミシーズン5だ!

WOWOWでマイアミシーズン5が始まりますね。
第1話は、いきなりブラジル!
ここに至るまでの話は、シーズン4で見てもらわないとわからないので、あえて伏せておきますが。

WOWOWから毎月届くガイド誌で見た限り、ホレイショ、シーズン4よりちょっと太りましたね。
恋が破れる度に、太ってしまうタイプなんでしょうか?

シーズン2までにはいかないけど、もう少し痩せてほしいっす。

第3話で通算100話目を迎えることだし、マイアミは第1話からお祭り騒ぎです。

| | コメント (0)

2007年10月 1日 (月)

Trick or treat!からかってみたいCSIキャラといえば?

気がつけばもう10月。

10月といえば、私の誕生日であり、ヒロインの誕生日(10月31日設定)でもありますが、欧米ではハロウィンということで、いろんな意味でのからかってやりたいCSIキャラを集めてみました。


1 グリッソム
http://personal-dictionary.com/enq/in.asp?ans=321642663

2 グレッグ
http://personal-dictionary.com/enq/in.asp?ans=321642664

3 ホッジス
http://personal-dictionary.com/enq/in.asp?ans=321642665

4 ホレイショ
http://personal-dictionary.com/enq/in.asp?ans=321642666

5 デルコ
http://personal-dictionary.com/enq/in.asp?ans=321642667

6 ウルフ
http://personal-dictionary.com/enq/in.asp?ans=321642668

7 ダニー
http://personal-dictionary.com/enq/in.asp?ans=321642669

8 ホークス
http://personal-dictionary.com/enq/in.asp?ans=321642670

9 フラック
http://personal-dictionary.com/enq/in.asp?ans=321642670


結果だけをみる
http://personal-dictionary.com/enq/view/enq.asp?EID=54052


それに伴って、前回の投票結果

「第3回 セクシーなCSIキャラといえば?」

第1位…ホレイショ
第2位…ダニー
第3位…ウォリック
第4位…スピードル
第5位…ホークス
第6位…ニック
第7位…シド
第8位…デルコ、ウルフ(同率)

過去にセクシーな男たち投票を行ってきましたが、1位がなんと、ホレイショが3回連続の結果。
ホレイショからセクシーポイント一つだけ挙げようとしても、なかなか挙げられないのが現状なのかも?
コメントだって、ホレイショの魅力を一括りできないものになっているのも、大きなポイントかな?

・辛い過去を重ねながらも信念を持って生きているホレイショが一番でしょう!【紅│07/09/27 18:59:22】
・生きてきた人生の深さを感じさせるホレイショの言葉に惚れ、本人全く無自覚のあの何気ない仕草(特に指使い)に惚れ、あのX線のように何でもお見通しさ!な視線に惚れ…。こんな彼をセクシーと言わずして一体何と称するのだ。と、思っています。【試験管│07/09/23 7:38:02】
・顔も仕草も・・・存在自体がセクシーvv【-│07/09/19 10:51:33】

WOWOWでの投票では1位に選ばれたウォリックが、2位に選ばれたダニーに追い越されたことにも驚きましたが、3位に選ばれたデルコがこの投票では全くのゼロであることには笑えました。

WOWOWでの結果には納得できない方が多いんですね。

| | コメント (0)

ベガス編シーズン6を振り返って…

WOWOWでベガスのシーズン6が終わりましたね。
全話を通しての感想を各キャラ別で送ります。

(強烈なネタバレを含まれていますので、大丈夫な方は反転してください)

グリッソム…第10話「王女メディアの息子」で、父親は9歳の時に亡くなったとされているが、前に知った情報((父親は輸入業者で、5歳の時に離婚した)とはかなり食い違っているのはなんで?

キャサリン…第11話で多毛症のアリソンにごく普通に接したシーンが印象的。他に第13話の「ラストショー」で、実の父親のサム・ブローンとの確執もおいしかった。ラストには母親と3人でディナーだなんて。でも、一番衝撃を受けたのは、ウォリックに好意を寄せていたことだった。それで第1話でウォリックの結婚にショックを受けてしまったよね。14歳になったリンゼイとの関係も来シーズンへ引き摺るんでしょうか?

ウォリック…シーズン5でニックが拉致された事件で、人生は短くて儚いことを知り、恋人のティーナと結婚。でも、生活はうまくいっていないのが…(T_T)

ニック…シーズン5で拉致された上に生き埋めにされた事件の後遺症と戦い続けたのと、髪を伸ばしたり、口髭も生やしたり(正直言って似合っていない)といろいろと変化があった。特に第5話の「生きる定め」で、被害者の少女を助けたいと懸命になる話もよかった。

グレッグ…シーズン5でようやく捜査官になったばかりだが、失敗が多い。来シーズンでの活躍に期待したいところ。

ブラス警部…辛すぎますとしか言いようがない。

そして、サラ…

最終回のラストで、グリッソムと一緒に?!
ありえな~い!

| | コメント (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »