« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月30日 (日)

AXNオリジナル指紋照合キットが当たらなかった(T_T)

4月からAXNでマイアミシーズン4を放送する前に、シーズン3からベストエピソードとAXNオリジナル指紋照合キットとシーズン3DVD-BOXの当選者の発表がありました。

気になるベストエピソードは次の通り(ネタバレがありますので、未見の方はご注意を)

第1位 #49 永遠の旅立ち

スピードル殉職の話。
誰かのために死ぬのではなくて、銃の手入れが怠ったために死んじゃった{%泣くwebry%}
これじゃ、スピードルが浮かばれないよ{%困るwebry%}
この事件でホレイショとデルコが精神的にダメージを受けてしまう{%トホホwebry%}
私としては、身の危険を省みず、少年を助けるホレイショが萌え~{%ハート4webry%}
水濡れだ!
できれば全体でずぶ濡れにしてほしかったな(#^.^#)

第2位 #55 津波大パニック 無法地帯

いかにもマイアミらしいエピソード{%夏webry%}
津波を利用して、強盗を企てるとは{%プンプンwebry%}
石塚さんもハラハラしてしまいそうなシーンばかりだし{%花火webry%}

第3位 #72 去りゆく者たち

シーズンフィナーレであるエピソード。
ホレイショの弟のレイモンドがらみの話やカリーの元彼のヘイゲンの…
一方が勘当しちゃいましたけど、後がね…{%ごめんねwebry%}

第4位 #64 エバーグレイズ炎上

カルーソ来日した際に行ったプレミア試写会で上映されたエピソード。
エヴァーグレース大火災に紛れ込んで、囚人が殺され、一方ではレイモンドの隠し子だったマディソンが白血病に。
そしてイエリーナにマディソンの真実を明かすホレイショ。
どの道イエリーナに打ち明けなきゃいけないけどね。
それを聞いたイエリーナはどんな気持ちで受け止めたか、気になるところ。

第5位 #69 汚れなき秘密

謎解きはともかくとして、女の子に問いかけるホレイショに萌え~{%ハート1webry%}

どちらもいいエピソードばかりのシーズン3でした。

最後に当選者の発表に、私の名前がなかった{%泣くwebry%}

4月にAXNの放送にあわせて、「マイアミシーズン4×NYシーズン2クロスオーバー一人祭り」を開催します。
半年ぐらいの期間限定で運営する予定です。

その間にホレイショやマック以外のキャラでも描きたいな

| | コメント (0)

2008年3月25日 (火)

マイアミシーズン5を振り返って その2(大ネタバレ注意!)

マイアミシーズン5の残り12話の感想

(ネタバレがありますので、大丈夫の方は反転してください)

第13話「熱い砂」

冒頭でトリップ刑事がうっかり地雷を踏んじゃって、爆弾処理班が駆けつけて解除してもらった後で、トリップ刑事とホレイショが笑いあったシーンが実に微笑ましい。
キューバ危機の時にマイアミの海岸に地雷を埋めているという都市伝説を悪用しての犯行を思いつく犯人も犯人だけど、デルコから金を巻き上げる詐欺師も詐欺師だな。

第14話「心停止11分」

外交特権を悪用して、マイアミでやりたい放題をしていたクラーボ・クルーズを覚えていますか?
シーズン2第1話でホレイショのスーツに唾ペッ!としたり、シーズン3第15話で父親との血縁関係がなかったことで外交特権を奪われて逮捕されちゃったけど、今度は脱走ときた。
それより、ハマーに箱乗りしたり、マガジンを装着してから相手を一発で仕留めるホレイショがカッコイイ!
でも安心していられない。なんとデルコが?!
いや~ん、死んじゃうの?!

第15話「サラバ猛獣よ」

何とか一命を取り留めたデルコ。でも、マリソルが死んだ記憶が無くなってしまった。
皆が見舞いに駆けつける様子が違っていて、とてもいい感じ。
二人の父親を見捨てられ、孤立されてしまったクラーボが最後に行き着く先は、なんとホレイショ?!
クラーボって、ホレイショに惚れていたのかと想像してしまいましたよ。
ラストで、デルコからマリソルのことを訊かれたホレイショが「彼女は…」と言った後で口籠もる表情が切なすぎる。

第16話「クラウリー家の崩壊」

デルコ、こんなに早く仕事に復帰していいの?!
ハラハラしながら見ちゃいましたが、案の定でしたね。

第17話「マイウェイ」

またしてもホレイショ、敵を作っちゃったよ。
今度は執行官だけど、どういう権限を持っているのかしら?
それだけではなくて、今度はアンナという少女に入りこむホレイショ、どうしたの?!

第18話「仮面の下」

はっきり言ってマンガ的だったな。
マイアミの不動産王が殺されたかと思ったら実は影武者で、現場に残された血痕のDNAから被害者の妻が犯人かと思ったら実は三つ子の妹がいた。
笑いが止まりませんでした。
でも、美味しいところが。
ラストで赤ちゃんにやさしく微笑みかけるホレイショがなんといいことか。蕩けちゃいそうです。

第19話「黒い手帳」

第17話の続きでしょうかね?
アンナに続いて、執行官まで?!
ホレイショ、厄介なことに巻き込まれたような感じ。

第20話「セレブのヒミツ」

これはホレイショというより、デルコの後遺症を乗り越えようと頑張っているという印象がありましたね。
リハビリから復帰しても、社会に溶け込めないと恐れて自殺しようとする女の子に、デルコが自分も頑張っていると励ますところがいい感じ。
ラストである歌手がリハビリ施設に入って、頭を刈るシーンは、あの○リトニー・×ピーヤーズをネタにしたんでしょうか?
冒頭でのスタントシーンが評判で、2007年エミー賞優秀スタンド賞を受賞されましたが、俳優陣や脚本陣にもノミネートに並んでほしいわ。

第21話「修羅場」

犬も食わぬ夫婦喧嘩に離婚弁護士、おまけにデルコから金を巻き上げている詐欺師の妻までも。
トリップ刑事も離婚が成立するまでかなり苦労したけど、ホレイショ役のカルーソもただ苦笑いするしかない(実は2006年に3人目の妻のマーガレットとの離婚が成立され、その時の慰謝料が270万ドルの他に、今後の出演料の一部などだそうです。日本円にしておよそ3億)。
何といっても、一度も親権で争ってくれなかったと嘆く息子がかわいそう。
カリーも15年前に両親が離婚していたこともあって、息子もカリーみたいに立派に成長してほしいです。

第22話「燃え尽きて」

またしてもトリップ刑事、大災難でしたね。
第13話に続いて、今度は買ったばかりの車がボイラーに。
それからウルフ、身の振り方を反省しなさい!

第23話「彷徨える狼」

ウルフが身の置く場所を知って、ホレイショのもとへ訪ねて、「我々は決して、君を見捨てたりしない」と言われたね。
ホレイショ、やっぱりウルフを見捨ててなかった。
カリーもデルコもナタリアもそうだけど。

第24話「Yのメッセージ」

中途半端な学説と妹に罪を着せられて人格が曲げられた犯人は、ある意味では被害者だったかも。
ラストで退院したジェイクからキスされたカリー。それを嫉妬しながら見ていたデルコ。もしかしてシーズン6へ持ち込むのか?!
トリップ刑事が人差し指でパソコンを打ち込むシーンにはかわいかったな。

あ~、しんどかった{%ごめんねwebry%}

公式サイトの掲示板で、ホレイショとカリーとの絡みが第2話以降からなくなって寂しいと嘆くファンたちが多くいたけど、そこでアンケート。

(ネタバレ注意!)

マイアミシーズン5でホレイショとカリーとの絡みが少ないことに…

1 寂しく感じる
http://personal-dictionary.com/enq/in.asp?ans=321650950

2 そう思わない
http://personal-dictionary.com/enq/in.asp?ans=321650951

3 どっちでもない
http://personal-dictionary.com/enq/in.asp?ans=321650952


結果だけをみる
http://personal-dictionary.com/enq/view/enq.asp?EID=55365

ご意見板に何故そう思ったのかなどを書いていただければ、すごくうれしいです。
ちなみにこのアンケートは5月2日(WOWOWでの再放送最終日)までとなっております。

| | コメント (0)

2008年3月24日 (月)

マイアミシーズン5を振り返って その1(大ネタバレ注意!)

シーズン4最終回である事件で犯人を追って、ホレイショとデルコがブラジルへ飛んだことから始まったシーズン5。

シーズン5を振り返りながらの感想。
(大ネタバレがありますので、大丈夫な方は反転してください)

第1話「リオの決闘」

最初のコルコバードの丘で立つホレイショがかっこいいこと!
異国の地で絵になるキャラは他にいるでしょうかと思うほど。
つっこみたいところがいっぱいあるけど、ここは勢いで(爆)

第2話「抹殺された男」

カリーが運転するハマーが後ろから激突されて、エバーグレイズにドボン!でも、脱出したものの、証拠が流れてしまったことに、ホレイショは彼女に「君が無事がいてくれて、よかった…」と責めなかったんですね。
なんてやさしい上司なんだろう。
この話でビックリしたのは、今までホレイショをネチネチと苛めていたステトラーが、ホレイショから協力に応えてくれたことですね。
な~んか、裏がありそうだ。(その後でSlash系で書いちゃった)

第3話「デスプール100」

半年以内にセレブがいつ死ぬかで賭けを興じる人たちの神経がわからない。おまけにウルフもデスプールをやっていたなんて…。
それはさておき。
まさかホレイショがギャンブル依存症の母親に向かって「それでも母親か?!」と怒鳴ったことには驚きました。
今まで女性に対して怒ったことがあまりないホレイショがですよ。
その母親が連れてきた子役、どっかで見たことがと思ったら、NYシーズン2の「屍の虫」にゲスト出演した子だったな。
これにもビックリ!

第4話「美しい男たち」

はっきりいって退屈だな。
モデルの世界ってこんなものかいな?

第5話「悪徳対決」

WOWOWの投稿サイトに掲載されたな。
シーズン3からホレイショに因縁をつけるあの判事。二度目は一度逮捕された容疑者を釈放してホレイショに嫌がらせをしたけど、三度目は娘を殺した(直接じゃないけど)容疑で逮捕されたけど、これで大人しくなれるとは思えないな。

第6話「危機一髪」

ホレイショの「燃えろ!全部燃えちまえ!」より、最初からビビリモードのウルフが面白かったな。死体が起き上がったと騒いではアレックスから叱られるし、カリーからは「非科学的」とピシャリと言われるし、デルコは自分はカトリックだからと言っておきながら、ほんとはビビってたりなんかしちゃって。
意外なことにカリーは家のビデオを接続するのに1週間もかかったこと。
だったら私が手伝ってあげましょうかと思ったわ。

第7話「残酷な性」

人の命より金儲けが大事なの?!

第8話「監禁の餌食」

CSIシリーズの話のほとんどが実在する事件を下敷きにしているけど、CSIシリーズに出演している俳優・女優の身内が事件に巻き込まれた話は今まであったのでしょうか?
レイプ殺人でカリフォルニアで死刑宣告を受けた男の家に、数多くの行方不明の女性の写真が残されていて、その中に被害こそがあっていませんが、ナタリア役のエヴァ・ラ・ルーの実妹があったそうで。
今でも行方がわからない少女たちがいるそうで。この話を見て、一人でも行方がわかれればいいね。

第9話「自爆」

これもWOWOWのケータイサイトに掲載されたわ。
第8話で犯人を追い詰めるシーンといい、この話でライフルを構えるシーンといい、ホレイショって何をやらせてもカッコイイ!

第10話「非情の戦場」

これも第7話と同様、人の命より金儲けが大事かよと怒りたくなりました。

第11話「落日のテロリスト」

第9話の続きでしたね。
冒頭で証言台に立つホレイショが珍しい。おまけに銃器ラボで調べるシーンも珍しいというか、久しぶりだな。

第12話「愛憎の残骸」

ナタリアが元夫殺害容疑で逮捕?!
そんなのありえない!と思ったら、案の定、無実でした。
そんでもって、目の前の証拠だけで犯人と決め付けるジェイクは見事に空振り。
少しはホレイショたちに見習いなさいよ!

第13話以降の感想は後日。

前回でこのブログで行った期間限定アンケート
「NYシーズン3第11話でペイトン女史の態度は?」の結果発表

総投票数…7票

ムカつく…4票
そう思わない…3票

| | コメント (0)

2008年3月18日 (火)

公私混合はいけまへん!

NYシーズン3第11話「レイジング・シェーン」の感想

第4話の「見せしめ」で兄の無実を信じている男が、兄を有罪にした者たちを次々と殺していく事件の続き。
演じているのは、「ターミネーター2」でジョン・コナー役を演じたエドワード・ファーロング。あの美少年がワイルドに成長して、そのイカレっぷりを演じています。
吹替えは草尾毅

(ここからはネタバレですので、大丈夫の方は反転してください)

「見せしめ」で犯人が残していったメッセージを解読していくうちに、次のターゲットが当時検死官だったホークスと弁護士であることを知ったマックたちは弁護士を救い、犯人を逮捕したが、犯人は逃亡。そのことによってホークスは狙われてしまう羽目に…。

復讐のためにホークスを罠にはめ、釈放してほしければ、兄の無実を証明しろと脅されたマックとダニー。だが、ダニーが突きつけたのは、兄が無実ではない証拠写真だった。
ショックのあまりに無力化になった犯人は逮捕。

話しの流れはいいのだが、第1話からマックの恋人としてつきあい始めた検死官のペイトン。
設定によるとホークスの親友で、かつては大学で教鞭をとっていた。

第1話のラストで「私達はプロなんだから、仕事とプライベートを別けてつきあえるわ」とマックとつきあい始めたくせに、今回のエピソードではマックのオフィスに押しかけて、ホークスの逮捕に動揺しているマックの頬を触ろうとしたその時、ステラが入ってきて、とっさにペイトンの手を振り払ってしまい、その上で亡き妻の名前も言う失態をしてしまったマック。

そのことで、マックとペイトンとの間に溝ができてしまったけど、公私混同の態度をするペイトンにファンからの非難囂囂の嵐。ホークスが逮捕されたことによって、CSIチームは捜査に関れないのはよくわかるけど、検死室から出て行ってというペイトンにステラが上からの指示かと訊くと、


自分からの意識だって?!あんた何様のつもり?!


と公式サイトやブログで非難の書き込みがあったほどです。


そこで、緊急企画。(ネタバレ注意!)

CSI:NYシーズン3第11話でペイトン女史の態度は?

1 ムカつく
http://personal-dictionary.com/enq/in.asp?ans=321650579

2 そう思わない
http://personal-dictionary.com/enq/in.asp?ans=321650580

3 どっちでもない
http://personal-dictionary.com/enq/in.asp?ans=321650581


結果だけをみる
http://personal-dictionary.com/enq/view/enq.asp?EID=55311

締め切りは3月22日までとさせていただきます。
突発的な企画ですが、好評がよければ、第2弾を企画したいと思っております。

| | コメント (0)

2008年3月16日 (日)

CSI:NYシーズン2での活躍が期待しそうなキャラは?

4月から字幕と吹替でAXNでの放送が決定され、5月と6月にDVD-BOXでの発売(レンタル同時開始)が決定されたCSI:NYシーズン2。

CSI:マイアミシーズン4とのクロスオーバーエピソードやメンバーの交代劇、メンバーに迫る危機など見所が満載!

さて、NYシーズン2での活躍が期待しそうなキャラといえば、いったい誰でしょう?

1 マック
http://personal-dictionary.com/enq/in.asp?ans=321650492
(第1話からネクタイと結婚指輪を外したマック。ホレイショと手を組んだクロスオーバーや海兵隊士官時代に起きたトラウマなど、少しずつ心を開いていく過程に注目が集まる)

2 ステラ
http://personal-dictionary.com/enq/in.asp?ans=321650493
(第7話でホレイショとの活躍や自身に降りかかった悪夢などが気になるところ)

3 ダニー
http://personal-dictionary.com/enq/in.asp?ans=321650494
(新キャラのリンジーをからかったり、兄のルイとの距離などに注目?!)

4 ホークス
http://personal-dictionary.com/enq/in.asp?ans=321650495
(検死官から捜査官に転進し、今後の活躍に注目が集まる。でも、あの逞しい上半身に目がいきそう)

5 リンジー(新キャラ)
http://personal-dictionary.com/enq/in.asp?ans=321650496
(第3話から転属される新キャラ。大都会での捜査に戸惑いながら成長する彼女の活躍に期待されている方がいらっしゃるのでは?!)

6 フラック
http://personal-dictionary.com/enq/in.asp?ans=321650497
(髪を短く切って、ますますハンサムになったフラック。果たして?!)

7 シド(検死官)
http://personal-dictionary.com/enq/in.asp?ans=321650498
(他にエバンというモンゴロイドの検死官が登場するけど、やっぱりシドに目がいってしまう?!)

8 アダム(ラボ分析官)
http://personal-dictionary.com/enq/in.asp?ans=321650499
(冗談を言いながら働くマイペース型の分析官。ダニーとは気が合いそうだ)

9 その他(ご意見板に書き込んでいただければ幸いです)
http://personal-dictionary.com/enq/in.asp?ans=321650500


結果だけをみる
http://personal-dictionary.com/enq/view/enq.asp?EID=55297

ちなみに前回の投票結果「卒業式で主席で挨拶しそうな三主任は?」

第1位 グリッソム
第2位 マック
第3位 ホレイショ

やはりグリッソムが1位でしたか。
グリッソムは変わり者と言われながら、地道に勉学に励むイメージを持ちそうだし、マックは模範的な優等生のイメージだけど、ホレイショは成績が優秀なんだけど、主席よりバイトで学費を稼いだり、ボランティアとかサークル活動が目立つイメージを持ちそう。

| | コメント (0)

2008年3月12日 (水)

クェンティン・タランティーノ監督作「デス・プルーフ in GRINDHOUSE」

昨日、隣町のTSUTAYAで「ジャンゴ」と「デス・プルーフ in GRINDHOUSE」と「ブラッド」を借りてきましたが、「ジャンゴ」が2泊3日レンタルなので、昨日の晩に「ジャンゴ」を字幕と吹き替えを両方見て返したけどね。

あとは「デス・プルーフ」と「ブラッド」をゆっくり見ようかと思いきや、母から呼び出しが{%困るwebry%}
せっかくゆっくりしたいのに{%怒りwebry%}

デス・プルーフ仕様の車でバーで知り合った女たちを殺すスタントマンVSスタントウーマンとのガチンコ・カー・アクションといった感じかな。

前半部分でNYのエイデン役のヴァネッサ・フェルリトが健康的なお色気を披露しちうけど、結局他の3人の女たちと一緒に殺されちゃうのよ{%泣くwebry%}

後半部分でスタントウーマンを演じるのは、「キル・ビル」でユマ・サーマンのスタントを担当したゾーイ・ベル!

CGを一切使わず、時速200キロで激突するカーアクションに度肝を抜くこと間違いなし!
といったところかな?

3月21日にゾンビVS片足マシンのヒロインを含む最強ヒーロー&ヒロインの「プラネット・エラー」(ロバート・ロドリゲス監督作品)のDVD発売と同時に「グランドハウス コンプリートBOX」(「デス・プルーフ」と「プラネット・エラー」と特典ディスクを含んだ6枚組)が発売されますね。

タランティーノといえば、おしゃべりが多いことで有名ですね。
「シャベリタランティーノ!」と某携帯電話CMでもあったけど。

| | コメント (0)

2008年3月 1日 (土)

卒業式で主席で挨拶しそうな三主任は?

3月は卒業シーズン。
もし、三主任が同じ大学で同じ学生だったら、卒業式で主席で挨拶しそうな主任は?

1 グリッソム
http://personal-dictionary.com/enq/in.asp?ans=321649809

2 ホレイショ
http://personal-dictionary.com/enq/in.asp?ans=321649810

3 マック
http://personal-dictionary.com/enq/in.asp?ans=321649811


結果だけをみる
http://personal-dictionary.com/enq/view/enq.asp?EID=55185

ちなみに前回の投票結果「ホレイショの声に相応しいのは?」

デヴィッド・カルーソの生声…7票
石塚運昇の吹き替え…17票
どっちもいい…11票

紳士的な口調が特徴の生声とハードな口調が特徴の吹き替え、どっちも決めがたいようですが、今回は吹き替えが多かったのにはビックリしました。

シーズン4に入って、ホレイショの過去の一部が明らかになったり、新しい恋が実ったりと新しい一面が見られますね。

| | コメント (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »