« CSI:マイアミシーズン7第18話「上空3万フィートのロンパールーム」 | トップページ | ラスベガスの街並みやカーペットが派手な訳 »

2010年2月18日 (木)

CSI:NYシーズン5第6話「裁かれし心」

あらすじ

3人の麻薬ディーラーが、同じ日、同じ時刻で射殺される事件が発生する。

ダニーとエンジェルはクラブで殺された男の事件、ステラとリンジーは道で捨てられた男の射殺体の事件、マックとホークス、そしてフラックはアパートで射殺された男の事件を担当する。

一見、別々の事件と思われたが、やがて1年前にマックが担当した殺人事件で逮捕、起訴された被告人だったことが明らかになる。

一方、アダムを含む7人のラボ分析官に解雇勧告が。
市の予算削減のあおりを受けてのことだが、アダムを評価するマックは上司であるシンクレア局長に電話をかけても取り合ってもらえず、DNA自動分析器の購入をキャンセルして、予算を浮かそうと考える。しかし、ステラはアダムのことより設備投資が先決と主張する…。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ネタバレ感想

今回の事件より、みんなからアダムのことが大好きだったことが印象に残った。
これからもがんばれ!

今回のCSI:川柳

「いつだって アダムが役に 立ってます」

CSI:川柳とは…?

平安調美人がCSIシリーズの1EPを5・7・5でつづった川柳。
面白かったら、拍手をどうぞ。コメントも承っております。


web拍手


只今にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマランキング参加中!
1クリックにつき10Pが加算されます。
あなたのクリックが励みになります。ぜひご協力ください。

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

|

« CSI:マイアミシーズン7第18話「上空3万フィートのロンパールーム」 | トップページ | ラスベガスの街並みやカーペットが派手な訳 »

CSI:NY(シーズン5)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1097386/33401550

この記事へのトラックバック一覧です: CSI:NYシーズン5第6話「裁かれし心」:

« CSI:マイアミシーズン7第18話「上空3万フィートのロンパールーム」 | トップページ | ラスベガスの街並みやカーペットが派手な訳 »