« CSI:マイアミシーズン7第19話「獄中からの呪い」 | トップページ | CSI:マイアミシーズン7第20話「狼の叫び」 »

2010年2月24日 (水)

CSI:NYシーズン5第7話「地下室の死体」

あらすじ

空き家となっていた地下貯蔵室から男の遺体が発見される。顔は何かで殴られた傷と小動物でかじられた痕があったために原型をとどまらず、血痕は階段の一番上で途切れていた。

翌朝、ステラが空き家らしきものを捜査すると、床には血痕が拭き取られ、そして地下貯蔵室につながる階段で途切れた跡があったことから殺害現場がわかり、空き家はイーストリバーをはしけで移動中だった。

被害者は家屋移動の会社の経営者で、問題の家をスタテン・アイランドからアッパー・イーストサイドへ移動する仕事を請け負っていた。身元を確認してもらうために妻子が呼ばれる。妻は気が動転するが、娘は気丈に身元を確認した。

捜査中にステラに「ネズミ釣り男の死は迷宮入りだ」と脅迫とも取れる電話がかかってきた。相手は2週間前にネズミ釣り男の黒人を殺害し、なおかつステラを脅したギリシアの古美術の専門家ディアゴスだった。彼はギリシア大使館に雇われており、外交特権を持っているために、ステラはうかつに手が出せない。

その一方、フラックはジェシカ(エンジェル刑事)から、妹のサマンサが昨夜酔っぱらって騒ぎを起こしかけたと聞かされる。心配のあまりにフラックはサマンサが勤めるバーへ立ち寄るが…。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ネタバレ感想

ネットで擬似恋愛(?)はよくあることだが、相手が娘だったとは被害者ってお気の毒なんだけど、顔のない相手に振り回された妻も妻、後味の悪い事件。
そういえば、中国でこんなのあったね→こちら

事件よりビックリしたのは、フラックとエンジェルがキスしちゃったw(゚o゚)w
カップル誕生と言っていいのかしら?
カップルと言うか、ダニーとリンジーの仲はどうなっているのかしらかしら、ご存知かしら?

今回のCSI:川柳

「顔のない 相手が実の 娘とは」

CSI:川柳とは…?

平安調美人がCSIシリーズの1EPを5・7・5でつづった川柳。
面白かったら、拍手をどうぞ。コメントも承っております。


web拍手


只今にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマランキング参加中!
1クリックにつき10Pが加算されます。
あなたのクリックが励みになります。ぜひご協力ください。

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

|

« CSI:マイアミシーズン7第19話「獄中からの呪い」 | トップページ | CSI:マイアミシーズン7第20話「狼の叫び」 »

CSI:NY(シーズン5)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1097386/33482963

この記事へのトラックバック一覧です: CSI:NYシーズン5第7話「地下室の死体」:

« CSI:マイアミシーズン7第19話「獄中からの呪い」 | トップページ | CSI:マイアミシーズン7第20話「狼の叫び」 »