« CSI:NYシーズン5第13話「誤審」 | トップページ | CSI:NYシーズン5第14話「探しつづけて…」 »

2010年4月10日 (土)

CSI:科学捜査班シーズン9第1話「さらば友よ Part2」

前回までのエピソード

参列者たちの目の前で2人の遺体が棺から抜け落ちた事件が発生し、そのうちの1人が元警官で私立探偵のレニー・ハーパーだったことから、マッキーン副保安官から捜査を最優先するように指示された。

レニーは、ウォリックから自ら巻き込まれた一連の事件の黒幕であるピガールの経営者ルウ・ゲッダの調査を依頼していた。
ウォリックがピガールへ向かうと、何者かにクロロホルムを嗅がされ、ゲッタ殺人犯に仕立てられた。CSIの捜査で無実が証明され、礼として近くのダイナーで食事をおごった。
解散後、ウォリックが車に乗り込むと、マッキーンが現れた。一通りの会話を終えた後、マッキーンはウォリックを射殺する…。

今回のあらすじ

ウォリックを射殺したマッキーン副保安官は、本部と連絡し、別の人物がウォリックを射殺したかのように報告をする。無線で聞いたグリッソムが駆けつけると、ウォリックは虫の息でマッキーンを睨みつけていたが、グリッソムに伝わらずに息を引き取った。

ブラスはマッキーンが告げた犯人の特徴から、ダニエル・プリチャード巡査を容疑者として手配する。L.A.へ飛ぶはずだったグレッグも空港から引き返し、サラもベガスへ向かうことに…。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ネタバレ感想








うわぁ~、ウォリックが、ウォリックが。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。








シーズン1からシリーズを支えていったウォリックがこんな形で去るなんて、ひどすぎる。
ひどすぎると言えば、あの副保安官。逮捕されて当然o(`ω´*)oプンスカプンスカ!!

ニックが瀕死の副保安官に一線を越えそうな形相にはただビックリモヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!

ラストでグリッソムが涙を流しながら弔辞をするシーン、吹替えの野島(昭生)さんのトーンには泣けてきます。

今回のCSI:川柳

「亡き友を 弔う詩に 涙ぐむ」

CSI:川柳とは…?

平安調美人がCSIシリーズの1EPを5・7・5でつづった川柳。
面白かったら、拍手をどうぞ。コメントも承っております。


web拍手


只今にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマランキング参加中!
1クリックにつき10Pが加算されます。
あなたのクリックが励みになります。ぜひご協力ください。

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

|

« CSI:NYシーズン5第13話「誤審」 | トップページ | CSI:NYシーズン5第14話「探しつづけて…」 »

CSI:科学捜査班(シーズン9)」カテゴリの記事

コメント

このエピソード、CSI で初めて号泣しちゃいました。

投稿: 山口 亮 | 2010年8月 2日 (月) 19時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1097386/34150624

この記事へのトラックバック一覧です: CSI:科学捜査班シーズン9第1話「さらば友よ Part2」:

« CSI:NYシーズン5第13話「誤審」 | トップページ | CSI:NYシーズン5第14話「探しつづけて…」 »