« CSI:マイアミシーズン7コンプリートDVD-BOX | トップページ | CSI:NYシーズン5第15話「パーティの裏側で」 »

2010年4月18日 (日)

CSI:科学捜査班シーズン9第2話「ここにはいられない」

あらすじ

走行中のバスの屋根にビキニ姿の女性が落下、死亡する事件が発生し、キャサリンとニックが担当する。女性は高層マンションの一室で婚約者と住んでいて、争った形跡がなければ、誰かが押し入った痕跡もない。再来週に結婚を控え、当日は婚約者の両親に馳走を振舞うはずだった。婚約者からの証言から、彼女は結婚式までにやせようとしていたことと、1万ドルの窃盗に加担したと疑われて、銀行の出納係を解雇されたとわかる。婚約者は彼女が窃盗を働くような人物ではないと主張する。

一方、グリッソムは深夜の路地で発見された女性の撲殺事件を担当する。腕には誰かに捉まれた痕、両目はぶどうのように潰されていたことから、犯人は相当な怒りを抱いていたらしい。

その一方で、サラは8年前に担当した性的暴行事件の被害者の延命装置を、夫が外したとのことでグレッグから聞かされる。事情を聞くと、かつての犯人から嫌がらせの電話がかかっていたことと、病室に「またレイプした。1回目より喜んでいた」と書き込んだ、当時の新聞記事の切抜きが残されたと。安楽死させたのは、妻を守るためだと主張するが、ネバタ州では安楽死は殺人罪として夫は逮捕される。サラはヴェガに「これが正義なの!?」と怒りをぶつける…。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ネタバレ感想

グリッソムとサラが同じベッドの上で何やら話をしていたが、愛の囁きなんでしょうか?

ウォリックを喪った悲しみはグリッソムだけではなく、キャサリンまでも。
携帯電話の着信記録が消去されていなかったし、このまま立ち直れないかも。

ラストでサラがベガスを去ることになるけど、今後登場するのかな?

今回のCSI:川柳

「慰めて あげても心 癒されぬ」

CSI:川柳とは…?

平安調美人がCSIシリーズの1EPを5・7・5でつづった川柳。
面白かったら、拍手をどうぞ。コメントも承っております。


web拍手


只今にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマランキング参加中!
1クリックにつき10Pが加算されます。
あなたのクリックが励みになります。ぜひご協力ください。

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村


|

« CSI:マイアミシーズン7コンプリートDVD-BOX | トップページ | CSI:NYシーズン5第15話「パーティの裏側で」 »

CSI:科学捜査班(シーズン9)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1097386/34280563

この記事へのトラックバック一覧です: CSI:科学捜査班シーズン9第2話「ここにはいられない」:

« CSI:マイアミシーズン7コンプリートDVD-BOX | トップページ | CSI:NYシーズン5第15話「パーティの裏側で」 »